記事No 247
タイトル 誘導飛行拾四本目及び拾伍本目@神ノ倉
投稿日 2015/10/13(Tue) 02:22:11
投稿者 油圧
参照先
 いやぁ〜、乱世乱世。という訳で乱世の如き平和カップです。個人的にあの規模の大会を見たのは初めてです。
 三日の内飛べたのは前二日です。
 初日はフリーフライトについての話をスタッフ側に通していなかったので、競技終了後の夕方に一本でした。話を通していたらもう一本飛べていたかもしれません。今回の反省点の一つです。で、フライトそのものについてですが、先週の件がやはり大きな不安要素だったのか、少しでも荒れていると聞くと、いつもに比べて緊張の度合いが高くなっていました。軽いトラウマです。それ以外にも、夏休み終了後のフライトが技術的にもあまり思わしくないものばかりだったので、先週の件の一因が空域の荒れと運だったとしても、本格的に技術不足が深刻なレベルになっているのではないかという不安もありました。そんな状況の中、初飛びの時のように非常な穏やかな状況でテイクオフ。偏流こそあったものの終始障害なく飛行、大竹さんの丁寧な誘導もあり、狭いランディングへの着陸も無事成功。ファイナルアプローチでの反応が鈍く理想的な進入経路から外れて電線の上を通ってしまった事が最大の課題として残りました。低空での行動に恐怖があるのではとサブさんに言われました。取りあえず、二か月の間の技術の劣化は致命的でないことが分かって少し安心しました。
 二日目は私の発案ではないのですが、先輩方に頼んで早朝に一本飛びました。こちらも朝なだけあって穏やかだったため、今回も誘導を受けつつですが同じく狭いランディングに降りることが出来ました。今回は旋回の手ごたえを確かめるために、バンクをゆっくりとかけながらの高度処理を行いました。イメージとしては大型旅客機と同じくらいゆっくり傾けることで周囲の景色を確認する余裕を持たせ、自分の立ち位置を確認しながらゆっくり歩くような感じです。その後フリーフライトの件もきちんと話を通したのですが、ハング・パラ両方競技を行う日であるため、その後飛べるタイミングはありませんでした。大会最優先ですからね。ちなみに昼は荒れまくってたそうです。いずれそういう空も飛べるようにならないといけないのでしょう。
 三日目も早朝練習の予定だったのですが、雨で無理でした。自然に勝ちに行くものではないので、仕方ないね。
 一年のハングでゆーやが今回初飛びしました。これからラッシュが訪れることでしょうが、私も負けずに飛んで、まずは安全にBを取ることを直近の目標とします。

- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
添付ファイル
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -