準備中!

エリア

高照寺エリア

高照寺山テイクオフ テイクオフからランディングの高度差450m。南西向きにテイクオフがあり、午後でもサーマルが期待できます。
150mほどゲインすればトップアウトでき、瀬戸内海や岩国市などが一望できます。
休耕期はクロスカントリーフライトも楽しめます。風向きによって様々な方向に飛んで行くことが出来るのも特徴。

南〜西の風でフライト可。強風だとリッジが楽しめます。また、北〜東でも風が弱く晴れていればサーマルブローでテイクオフできる可能性があります。
ランディングは4箇所あり、ハングは風によって使い分ける必要があります。

@パラメイン…通年ランディング出来る唯一のランディングです。パラグライダーにとっては、どの風向きでも対応でき、殆どの場合ここにランディングします。 ハンググライダーでも降りることが出来ますが、斜面になっているため進入方向が制限されます。南〜西の風の場合、ダブル機以上で降りるのは厳しいです。
ですが、北〜東風の場合は斜面を登る方向に進入するため、初心者や角なし機にとっても大変降ろしやすいです。ただし斜面の影響で目線が狂わされやすいのでショート注意です。

Aハングメイン…休耕期に降ろすことが出来るランディングです。南北方向に長いランディングですので、北風・南風の場合に使用します。
ランディングは平坦。南風(北側進入)の場合は非常に降ろしやすいですが、北風(南側進入)の場合は電線や林などの障害物があるので注意が必要です。
クラブハウスまでは徒歩数十秒なので、グライダーを担いで回収できます。

B豚小屋…こちらも休耕期のみ降ろすことが出来ます。北東-南西方向に長いランディングです。
南西方向に行くに従って低くなる棚田のような地形になっており、基本的にはこの方向(南西の風)でしか降りれません。 ですが、ハングでぶっ飛んだ場合、高確率でここに降りることになります。
民家や小高い丘などの障害物があり、また斜面のためランディング難度は高めです。角無しは覚悟を決めてランディングを。

C南…休耕期のみ使用可。文字通りテイクオフから見て南方向にあるランディングです。南北方向に長く、高照寺エリアのランディングでは最も広いです。
テイクオフから少し距離があるため、高照寺からのフライトではあまり使われません。後述の氷室岳から最も近いランディングです。