記事No 235
タイトル 2015年3月5日 高照寺
投稿日 2015/03/10(Tue) 17:32:22
投稿者 じゃが
参照先
この日は朝から北風が強く、サーマルブローのタイミングで出れるかな?といった感じで、早く最後の10キロを飛びたい自分としてはよい条件だった。
11時半に消防の中村さんがいらしてそれから高照寺のほうへ上がった。上がる途中でパラランにてハーネスの手入れをしている藤井さんに遭遇。藤井さんは”上がるの?この風で?”といった感じだったが結局田原さんに引っ張られるようにテイクオフへ…。

上がってみると予想どおりフォローがびゅうびゅうだったがブローが入るタイミングは確かにある。
初めに中村さんがテイクオフ。南山のほうへと向かうが上がらず、小学校のほうへと向かいそこから粘りながら氷室の裾につけていた。
それを見ていたので自分がテイクオフした後はまっすぐと小学校のほうへと向かおうとした…のだが、テイクオフ直後にトラブル発生、足が思うように入らない!この前はすんなりと入ったのに。それに加えてテイクオフ前が荒れていたこともあって通常飛行に入った時にすでに高度をそこそこ失ってしまう。
それから小学校へと向かうもコース取りが悪いのかヒューヒュー下がっていく。
結局もういいやとあきらめてランディングへと向かい、その途中でしっくりとしたものにあたる。正直ランディングに届くかどうかといった高度だったので少しでも稼ごうと必死でしがみつく。海抜高度230m位でのことだった。
しかし、上がるほうへ上がるほうへと行っているうちにどんどん上がってくれて、グーとしたものになってきた。このあたりで自分の後からテイクオフした藤井さんが自分の上につけてきた。
そのままじわじわと高度を稼いでレベルまで上げたところでテイクオフ上空においしそうな積雲ができていたのでそちらに移る。するとグギューンと最高に上げてくれる。一気に1100を突破。
その後高度制限ぎりぎりまで上げたので、これはいけるなと思い無線で田原さんに確認をとってフォロー方向だった大島の方向へと走る。テンションはMAX。
うまいことリフトを伝って行けたのでL/D15〜20位でずっと行けた。気持ち悪いくらいに落ちない。10キロ地点には海抜高度600m弱で到着。
高度が有り余っているので写真を撮ったりしていたが今度は降りられない。2キロほど戻ったところにいい感じの田んぼがあり、そこにおろそうとしたのだが確実にサーマルがある。対地高度100m切るくらいまで翼端折りで降りてもまた上がる。
これはもう上げないと精神衛生上よくないと思い回す。みるみる上がる。憎らしいくらい簡単にグッキーンと1300くらいまでぶちあがる。
上げた後何しようかなと思い、ちょうど近くにゴルフ場が見えたのでそこの写真を撮ろうと思いそこへと向かう。なるべく低くなってから撮ろうとしたのだが、ちょうどそこが谷間になっていていい感じで荒れている。
ちょうど真横に大きな田んぼもあったしこれはもう慎重におろすしかないなと思い気張る。
しかし下がるにつれてどんどん風が強くなっていき、前に進まなくなる。とうとう最後はバックしてしまい何とか濡れていない田んぼにおろす。
ラプラプさんにAライザーを使ったグライダーの降ろし方を教わっておいてホントによかった。それにしても進まないってホントに怖い。

地形を考えたら風が収束しているのは分かりそうなものなのに何で来たのかと後から後悔。行ってみたいとか言う理由でランディングを選ぶもんじゃないなと反省。
また、今回テイクオフのときに足が入りにくかったので藤井さんのものを参考にして靴につけるフックをつけようと思った。
この日の晩御飯は洋子さんのセブン弁当をいただいた。初めて食べた広島つけ麺が辛すぎないでおいしかったが何よりいくらのおにぎりが本当においしかった。普段は高くて、あまり買うことはないと思うが、また食べたいと思った。

- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
添付ファイル
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -