記事No 262
タイトル 12月19日
投稿日 2015/12/21(Mon) 20:33:56
投稿者 ようへい
参照先
土曜日。天気図から、北西から夕方には北東へ変わると予想していた。
朝、高照寺に着くと北西から北の風が強く吹いていた。10時ちょっと過ぎには南のハゲ斜面から南山上空に10分程度で消滅するサイクルで積雲がポツポツできていたし、
11時前までの間に高照寺の裏側で雲がポツポツできていたのでテイクオフできれば好条件だとワクワクしていた。
12時。上空は北西の風。機体をのんびり組んで14時?くらいまで待機。
アーリーバードはじゃが。南方向へ。シンクに叩かれるもテイクオフレベルまで回復。が、パラランヘ朕。
さとしさん、俺の順番でテイクオフ。
さとしさんは北尾根の先で回しているがあんまり上がっていないように見えたので俺はテイクオフ右前で回す。こっちはあまり上がらず、さとしさんの下へ向かう。
沈下率が大きく、対地150mくらいで豚小屋北側に到着。
そこら中でバブリーなサーマルが上がり、シンクとリフトが入り乱れている。
時々少し長いサーマルに乗り、上げてはステイ上げてはステイを繰り返してようやく400mくらいに到達したところでサーマルが立ち上がり始めた。
まわしながらさとしさんに無線を入れると氷室上空、1000mくらいでこれから7kmの方向へ向かうらしい。
結局このサーマルはMin : +1m/s、Max : +6m/sの上昇率になり、あっという間に1200m。サーマルは高度制限空域の方向へ立ち上がっている為、離脱。雲底は1350〜1400mくらい。
ダムの方向に雲ができているのでそちらへ。
さとしさんから無線。どこにいるか伝え、二人で虹ケ浜を目指す事に!しかし依然としてこちらからはさとしさんの場所がわからない。再度無線。お互いの上昇率を伝え合った。
その時こちらは+3m/sくらいだったけど、平均1.5m/sくらいに落ち着く。雲底は近いけど遠い。
ダムの向こうには雲があったし、ここで上げている間に虹ヶ浜に海風が入るとやばいと考えて1300mくらいでさとしさんとは東西に500mくらい離れて虹ヶ浜へグライド。
途中で左翼が持ち上げられ、ウイングオーバーみたいなくらいにCOMBATが言うこと聞かないほどに強いバブルが当たるが、回すと間に合わない。なんだよ。って事が連発。
無視する事に。グライドパス的には虹ヶ浜上空100mくらいで届きそうな高度があったにも関わらず、目指した積雲ののれんをくぐり、
シンクに叩かれて最終的には虹ヶ浜手前の松の木の上に静止点が見えた為、高圧線の手前の田んぼに下ろす事に。まだ進めるのに高度処理をする虚しさ。
Google Earth上では直線飛行距離22.7km。虹ヶ浜まであと2km。あと200m高ければ。まあ、ここはもう虹ケ浜でしょ!初虹ケ浜ということで!
おおたけさん、回収&ビールありがとうございました!

反省
クラウドストリートは7キロより北西で、北東から南西へ、いくつも平行して伸びていた。
グライドパス的に直狩りで虹ヶ浜を目指すのではなく、ジグザグに飛行するルートを取るべきだった。
そう考えるとフォローに流すのではなく、ジグザグに北上し、ジグザグに山大方向へ行った方が良かったのかもしれない。
案外、春のドカンと上がるコンディションではなく、こんな北風の日の方が山大を目指せるのかも。

- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
添付ファイル
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -