記事No 249
タイトル 無誘導飛行拾漆本目
投稿日 2015/11/03(Tue) 01:35:57
投稿者 油圧
参照先
 最近、ガチ自衛隊員を見ると真っ先に連想されるという、油圧です。流石に平日の県大周辺に迷彩服で出歩いたりしない。
 先週に比べ空気が澄んでいる印象のこの日の昼もNOを目の前に突き付けられ、かと言って他の皆も飛べたという訳ではありませんでした。先行して出たパラが潰れたり、2008年の株価の如く(正に阿鼻叫喚)落ちて行ったりしたので、風が安定するのを期待して夕方まで待機です。そんでもって来る夕方、多くのパラやタンデムを見送ってからテイクオフ。荒れてるとは言われたものの思ったほどのものでもなく、慌てることもなく大人しくランディング上空へ到達。高度処理を行い、ランディングへアプローチ。そのタイミングで高かったとは思いましたがS字を切るにはもう少し勇気のいる高度でした。滑空比を目測で確かめてロングしないなと思ったので、取りあえず冷静に水平を保ちつつ降りました。後で機体の移動が大変でしたが。
 上空では特に何も言われなかったので、無誘導二本目となりました。が、O-竹さんと&ぅには高度処理の位置が近すぎるとの指摘を受けました。特に今回はランディング付近はほぼ無風でしたので、安全かつ効率的にどの位置で高度処理を行うかよく考える必要がありました。あとYo-Heyさんに言われたこととしては、付近で上がっていた煙が一定の高度までしか上がっていなかったという状況から、その高度に暖かい上空と冷たい地表付近の空気の層の境目があることを推測し、地表付近は上空に比べて空気の密度が高いのでロングしやすいという話でした。まぁ、それでも進入高度が高かったのは事実ですが。文系的にはそういう発想は全くないので勉強になりました。理系って凄いんですね。
 確か無誘導三本でプローンになるので、これで王手だと思います。これから初飛びする一年の為にも早めにプローンに変えた方がいいのですが、そうやってプレッシャーに思うと事故のもとです。以後も落ち着いて、プローンの事は一旦忘れて安全に飛びたいと思います。

- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
添付ファイル
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -